FC2ブログ
ソレアレトコレ - solearetocore
ソコカラナニガミエル?
スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イク
THIS IS IT -博多繁丸-
マイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」
を観に行きました。

関係者の追悼インタビューを織り交ぜながら、
お涙頂戴的要素で構成されているかと
思いきや、良い意味で期待を裏切られました。
故人を偲ぶどころか、マイケルが死んでいる事さえ
忘れる程の超傑作フィルムです。
さすが世界のSONY PICTURES!ブラボー!!
ロンドンで行われる予定だったコンサートの
リハーサル映像を撮り溜めたものを
繋ぎ合わせただけなんですが、そこがいいんです。

これを観て思った事・・・完全主観で恐縮ですが、
日本人アーティストのライブの様子が断片的に
音楽番組等で放送されますが、演者側と一緒に
なって観客が手拍子したり歌ったりしてますよね。
あれってどうなんでしょう?
ノイズ以外の何ものでも無い気がしてなりません。
僕はライブに於いて余程の事が無い限り
手拍子でリズムを取る事はしません。
全員が一分のずれもなくリズムを刻むのは
無理な事で、バラバラとずれたリズムは結果
ノイズになり、その場に居て非常に不快に
感じるからです。
プロの演奏が台無しです。
演者側が手拍子を促すライブでは、仕方無く
リズムを取ってる振りだけします。
(一曲を通して手拍子を催促するアーティスト
のライブには先ず行きませんが。。。)

更に疑問なのが、演者と一緒に歌う事です。
これは明らかに音をちゃんと聴いてないでしょ?
せっかく高いチケットを払って歌と演奏を
聴きに行ってるのに。歌いたいなら
カラオケ行けばいいのに。。。
と、ひねくれ者の僕は思う訳です。

話が多少脱線しましたが「THIS IS IT」、
上記の様な心配は全くありません。
個々の楽器の音はバランス良く完璧に聴こえます。
オーディションを勝ち抜いた一流のダンサー達の
パフォーマンスは、リハにもかかわらず
研ぎ澄まされています。
CDで聴く限り、彼の音楽は最先端の電子音だらけの
ハズですが、意外と生身の人間が演奏しています。
演奏もピカイチで、CDの音を聴くよりグルーブ感が
倍増して鳥肌モノです。
広いホールには観客は居ません。
見守っているのはスタッフと休憩中のダンサー達。
もちろん彼等は手拍子なんかしません。
上質なリハを腕組みして見入ってます。
そして何よりも、マイケルのダンスとヴォーカル。
ダンサー達の中で踊るマイケルが一番輝いてます。
ボーカルは歌が上手すぎるので口パクと思って
いましたがとんでも無い、彼は本当に歌ってました。
激しいダンスをしながらも、“音の間”を
確認する様に歌うヴォーカリストとしての
マイケルはこの映画でしか観る事が出来ません。

更に興味深いのは、ベースやピアノ、リズム、
コーラス、照明、舞台装置に至る迄全てに
マイケルは口出しします。最高に優しい口調で、
最高に難解で抽象的な注文を付けます。
舞台監督は大変な思いをしていた事
でしょう。そんなシーンを観て何故か
少し笑ってしまいました。

DVDが出たら観よう。と思っている方は特に
映画館に足を運んで下さい。
映画館の巨大スクリーンのライブ感と限りなくノイズが
排除された上質な音を感じて下さい。
音が鳴ってマイケルが動き、そして歌う瞬間、
100分の1秒、いや1,000分の1秒の一瞬だけ
生じる音の間を感じてゾクゾクして下さい。

放映期間は延長されて11月27日迄全国の
映画館で観る事が出来ます。
僕はもう一回最終週に観に行きます。
大げさでは無く今まで映画館で観た
映画の中で断トツ一番の作品です!
ちなみに二番は少林寺(笑)。
余談ですが、初回観に行った10月30日
キャナルのレイトショーは
放映終了後拍手が起こりました。
映画館で拍手・・・これも初体験でした。

Thanx M.J. THIS IS IT.



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/06 (金) 12:53:30 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/08 (日) 21:38:35 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/10 (火) 03:13:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 ソレアレトコレ - solearetocore all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。